スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウントン・アビーを観る


     
  downton-abbey-logo.png


 
    スター・チャンネルで10月より放映される、

    
         ダウントン・アビー~貴族とメイドと相続人


    の先行放送(第1話のみ)を観ました。



 
 本国で大当たりした、英国ITV製作のピリオド・ドラマ。9月に受賞が発表される、米国エミー賞
 のミニ・シリーズ部門で、たっくさんノミネートされているそう。




 
downton.jpg


 
 
 
 面白かったーーーー

 「高慢と偏見」や「分別と多感」「ゴスフォード・パーク」に魅かれている
 人にとっては、本当に楽しめる。

 
 第1話のあらすじは、
  
  ”ダウントン・アビー”と呼ばれているお城級の大邸宅に住む伯爵、ロバート
  クローリーのもとに、悲報が入る。
  タイタニック号の沈没により、彼の甥で、長女メアリーのフィアンセでもある、
  パトリックが、彼の父共々行方不明となった、というのだ。

  ロバートには娘が三人のみ、将来家督を相続できる嫡子は、なし。
  その為、甥のパトリックの存在が非常に重要だったのだ。
  このままでは、会った事もない遠い親戚の男マシュー・クローリーに、大事な
  ”ダウントン・アビー”や他の不動産は全て取られてしまう。

  実は、クローリー家(正式名はEarl of Grantham)は元々は金銭状態がひっ迫
  していたのを、米国人であった現在の妻、コーラの莫大な持参金で救われた過去
  があった。




  Downton_252BAbbey_252B13.jpg



  
  ダウントン・アビーには、何人もの使用人が一家の暮しを支えていたが、
  ある時、ロバートの戦友、ジョン・ベイツが新しくロバートの世話係として
  屋敷にやって来る。
  戦争の後遺症で、足が少し不自由なベイツは、他の使用人からあまり歓迎され
  ず、いやがらせを受けたりするが、寡黙にじっと耐えている。
  ロバートは、そんなジョンに気遣いをみせるが、使用人の長である執事カーソン
  の忠告を聞き入れ、彼に解雇を告げる。
  ところが、彼を屋敷から送り出す段になって、突然解雇を撤回、ジョンは再び
  ダウントン・アビーに戻る事となった。

  場面は変わって、ごく普通の家のダイニング・ルーム。
  母親らしき婦人と、若い男性。
  男性が届いたばかりの手紙を読み始めて、その内容に驚く・・・(第1話終了)





 お城のような邸宅に暮す人々とその使用人たち、そして後に彼らに深く関わって
 いくであろう、様々な人間たち。
 とても丁寧に描いていて、これからの展開がとてもとても楽しみです。

 特に魅了されたのが、当主のロバート・クローリー。
 慎み深く、思慮深い、理想的な当主。
 映画「日の名残り」でジェームス・フォックスが演じた”ダーリントン卿”に
 似ている気がします。



    hugh.jpg




 そして、個人的にもっとも期待しているのが、当主達を悩ます、次期家督相続人
 マシュー・クローリー役の、 ダン・スティーブンス

 秘かに、第ニのヒュー・グラントと思っているんですが、UKからなかなか脱出(?)
 しない俳優で、ゆえに世界的な知名度がいま一つなんです。


    この人 ↓ イイ男だ!!

  Matthew-Crawley-downton-abbey-15932584-570-364.jpg



 TV版「分別と多感」のエドワード役(映画版でヒュー・グラントが演っていた)や
 衝撃的問題作「ライン・オブ・ビューティー」の主役ニックを演じていました。

 彼に悪役は似合わないので、このマシューは、今後物語にどう絡んでいくのか
 とても楽しみです。ワクワク。




スポンサーサイト

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

No title

時々、おじゃまします。v-291

No title

気まぐれにしか更新しませんが、どうぞよろしくv-392
Secre

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。