スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国王のスピーチ:★感想その他いろいろ;その2




Kings-Speech-The-poster.jpg


              
<しつこくこのネタで>


その前に、数日前のTwitterからのネタを紹介。

  What Rupert Murdoch and 'TKS' Have in Common


あのメディア王、ルパート・マードックと'The King's Speech'には
意外な共通点があった

  ”ウォール・ストリート・ジャーナル紙の批評家ジョー・
   モーゲンスターンが、マードックにお勧めの映画として
   'The King's Speech'を紹介し(公開の数週間前)内容
   を説明していたら、「知っている、ライオネル・ローグ
   だろ?」と言われた。
   マードックは、映画の事は何も知らなかったが、ローグ
   がスピーチ・セラピストだった事は知っていた。
   なぜなら、彼の父親は、ローグの患者のひとりだったから。
   ジャーナリストだった父親は、インタビュー取材をしたくても
   吃音であった為、それができず、困っていたが、ローグの
   元に通って回復した。”


これも賞レースの追い風になるかな?


******************************************************************************




2010_the_kings_speech_006.jpg



  
     今回もネタばれしてます!


いやいやながらも即位し、戴冠式を目前にひかえ、バーテイとライオネルは
ウェストミンスター教会でリハーサルをしようとします。
遅れて教会に到着したライオネルに向かって、バーテイは、

”正式な医者ではないんだって?”

と、彼を責めます。ライオネルは、実は役者を目指していた事、その過程
での発声練習が、戦争体験で失語症や吃音症に陥った人達に効果があった事
など、セラピストになったきっかけを説明し、黙っていた事を謝罪します。

この後、予告編の中の、”I have a VOICE!”と叫ぶシーンに繋がっていきます。
(ここで自ら、国王となる事を自覚した、という意味でしょうか)
そうだね、と頷くライオネル。

この直後の場面が最高に好きです。
じゅあ、リハーサルを始めましょう、と言って、式次第を読みあげながら、
軽快に階段を昇り降りするライオネル。

ジェフリー・ラッシュが体全体、特に長い腕や指を存分に使いながら
あちこち動きまわるようすは、お見事
BGMと、驚くほどシンクロしています。
さすがフランスのパントマイムの学校で、みっちり学んだだけの事はありますね。
このシーンだけでなく、他にも彼の手指の動かし方が素晴らしい、と思った箇所が
いくつかありました。



Queen-Elizabeth-The-King-s-Speech-helena-bonham-carter-17476544-265-379.jpg



ヘレナ・B=カーターの事もふれねば・・・

「ハリー・ポッター7」とほぼ同時期の仕事であった為、この映画の
出演依頼を何度もことわり続けていたのに、いつの間にか衣装を着て
TKSのセットの中にいた、と云ってましたが、あの存在感はやはりすごい。

けっして登場シーンは多くはありませんが。

ライオネルの妻マートルと初めて会った時、エリザベス王妃は、

”ご主人と私の夫は、名前で呼びあってますが、貴女は私の事をリズとは
お呼びになりませんわよね”

こんなせりふを、イヤミなくさらっといえる女優は、そう多くはいない
でしょう。

王妃の、表面は柔和な印象ながら、内面は王族である誇りをけっして
忘れてはいない、それを見事に演じていたと思います。







168610_182674655104232_118478761523822_434788_4897214_n.jpg



やはり、最後のスピーチ・シーンが一番アツくなりますが
その直前の、短時間での練習シーンが見ものです。
”この重大な局面に際し・・・×ァック、×ァック、×ァック
おそらく、歴史上もっとも・・シット、シット、シット・・”

スピーチ内容とは、かけはなれた四文字言葉。
なぜそんな言葉を使って練習したのか、理由は劇中で出てきますが
おかしいですし、なんかバーテイ扮するコリンがとても可愛かった



そしてスピーチを終え、満足そうに王宮のテラスから民衆に向かって
手を振るシーン。
この後、バーテイとライオネル、交互にアップとなるのですが
ものすごく、厳粛な表情なんですねェ・・ふたりとも。

このあと英国は、50万人の戦争犠牲者。
第二次大戦の世界全体での犠牲者は、8000万人。
未曾有の悲劇が待っているわけですから・・・・・







スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『英国王のスピーチ』お薦め映画

★★★★★ 本作はコンプレックスを抱え、不向きな職業に就かざるを得なかった中年男の物語だ。俳優になれなかったライオネルは、王室のスピーチ専門家に向いていたのだろうか? イギリス国王という職業はジョージに向いていたのか? 手に汗握る一世一代の感動スピーチ、…
プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。