スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第83回アカデミー賞作品賞はあの作品に、と予想

the-social-network-jesse-eisenberg-7-31-8-10-kc.jpg




素人なので、作品/演技部門のみの予想を。(☆受賞予想)


  候補者、候補作品一覧


作品賞候補は10作品ありますが、

☆ソーシャル・ネットワーク(公開中)
・英国王のスピーチ(2/26公開)
・ザ・ファイター(3/26公開)
・ブラック・スワン(5月公開)

上記の4作品に絞ってよさそうです。(理由は後述)


監督賞

☆デヴィッド・フィンチャー

主演女優賞

☆ナタリー・ポートマン

主演男優賞

☆コリン・ファース

助演女優賞

メリッサ・レオではなく・・・
☆ヘイリー・ステインフェルド

助演男優賞

☆クリスチャン・ベイル


*    *    *    *    *    *    *   *

観賞済が、「ソーシャル・ネットワーク」「インセプション」
のみの分際でおこがましいと思いつつも、予想をしてみました。

監督、主演女優/男優、助演男優は、ガチ本命なので割愛しますが、
まず作品賞から、

なぜ上記4作品に絞られるかというと、オスカー・ウオッチャー
いわく、作品賞に選ばれる為には他部門、特に、監督賞 編集賞
候補に挙げられなければ、望みはうすい。

過去に監督賞候補なしで作品賞を獲得した一番最近の例は、
    「ドライビング・MISS・デイジー」→21年前

編集賞候補なしで作品賞獲得をなし遂げたのは、
    「普通の人々」→30年前

監督賞候補5作品のうち、「トゥルー・グリット」は
10ノミネーションされながら、大事な編集賞候補には
挙がっていません。
まだ「ザ・ファイター」の方が、可能性はずっと高い
と思われています。

こうなると、昨年度より作品賞候補を10に増やした意味が
???なんですが、今後それに捉われない受賞作がどんどん
現れてくれば、このセオリーは通用しなくなります。
ただ、映画つくりにおいて、監督はもちろん編集もキモのようなので。

そして、「英国王のスピーチ」を一年以上追っかけてきた
私が、なぜ「ソーシャル・ネットワーク」と予想したか、

1.前哨戦の圧倒的好評価は、無視できないだろう。
2.主演男優賞との兼ね合い(米映画でない作品が男優/作品2部門も
獲れるだろうか?)
3.監督賞=作品賞のケースが多いのはやはり無視できない。
4.個人的に「ソーシャル~」が気に入った(泣けた)→いずれ感想を

てなわけで、泣く泣く「ソーシャル~」に至った訳ですが、
まだ残されている前哨戦、SAG Awards(映画俳優組合賞)で、いくつ賞を
獲得できるかが、鍵だと思っています。
主演男優賞は大丈夫(?)だと思いますので、あとはアンサンブル演技賞
を獲得できれば、「英国王の~」のアドバンテージはぐっと高くなると
思っています。(発表は1/30)

あと、DGAっていうのもあるけど、絶対デヴィッド・フィンチャーだろな。
いや、クリストファー・ノーランだったら、ホントに今回のオスカーは、
混戦といえるだろうな。それはないか。

助演女優賞にヘイリー・ステインフェルドを選んだ理由は、10ノミされた
「トゥルー・グリット」が獲れそうなのは、これとあともう一つくらい
なので。  無責任な予想ですm(__)m





スポンサーサイト

テーマ : 第83回アカデミー賞
ジャンル : 映画

コメント

Secre

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。