スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Testament of Youth  戦場からのラブレター (映画)




    『キングスマン』を見て以来、エグジー役のタロンに心を奪われ、彼のフィルモグラフィーをあさっていたら、
    好みにドンピシャな映画見っけ。


    Testament of Youth  戦場からのラブレター (劇場未公開 DVD発売12/02)UK公開日1/16 2015

    予告編(US版)

    


    <あらすじ>
    
    イングランド中部スタフォードシャー地域出身の作家、ヴェラ・ブリテインの同名回想録が原作。

    第一次大戦直前、製紙業を営む父と母、二才年下の弟エドワード(タロン・エジャトン)と平和に暮らしていたヴェラだったが
    向学心が強く、父親の反対にもめげずに、オクスフォードのサマーヴィル・カレッジに進学。作家を目指していた。

    その一年後、第一次大戦が勃発し、弟のエドワードや、その学友ローランド(キット・ハリントン)、ヴィクター(コリン・モーガン)
    が相次いで志願し、出征。

    国の為に尽くすのが使命であると、突き動かされての結果だった。

    彼らのうちの一人、ローランドと互いに心を通わせたヴェラ(アリシア・ヴィキャンデル)は、大学を辞め、VAD
    (志願看護師隊)に入り、ロンドンの病院や、のちに前線の野戦病院に勤務する。

    そして、1915年、二度目の休暇でローランドが帰国を予定し、この間に結婚式を挙げようと、ホテルで待機していた
    ヴェラのもとに衝撃の報せが届く。
    帰国直前、ローランドが戦死したと。  その日はクリスマス前日だった・・・・

    もう一人の学友ヴィクターも'17年、重いけがと盲目で帰還し入院したが、容態が急変し、あっけなく死亡。その直前
    ヴェラは、ヴィクターに、結婚を申し込んでいた。

    同年、エドワードの戦友ジェフリーも戦死。

    そして弟エドワードは、ヴェラが従軍する野戦病院に運ばれ、すぐに死体として処理されていた。
    エドワードがまだ生きていると気づいたヴェラは、すぐに彼を病室に移し、意識が戻るまで必死に看護する。


         タロン Testament of Youth


    のちに、回復したエドワードは、すぐにイタリア戦線に送られ、'18年に戦死。

    ヴェラのまわりで、三銃士のように寄り添ってくれていた若者たちは、すべて亡くなってしまった・・・・・。

               ローランド・レイトン     '15年戦死 享年20才
               ヴィクター・リチャードソン  '17年戦死 享年22才
               ジェフリー・サーロウ     '17年戦死 享年22才
               エドワード・ブリテイン   '18年戦死 享年23才


    1918年11月、終戦を迎えたが、ヴェラは、この後、平和主義(パシフィズム)活動に身を投じる事となる。

    実はヴェラにとっては、悔やんでも悔やみきれない思いがあった。

    最愛の弟、エドワードが最初18才で志願の為の登録をすると告げた時、父親は若すぎると反対したのを、
    ヴェラが説得した経緯があったから。
    当時のヴェラには、彼の決意が賛同できたし、彼女が大学進学を反対された時、父を説得してくれた弟のその望みを
   、かなえてやりたかったから・・・・

    そして、一般庶民には、戦場のあまりの悲惨さ、たとえ戦死しても、遺族には本当の死に様はほとんど伝えられて
    いない現実をヴェラは、身を持って体験していた。






   ヴェラ役のアリシア・ヴィキャンデルの目力に圧倒される作品でした。

   原作は、おそらくもっとヴォリュームのある内容なんでしょう、ストーリーの不足感は否めません。

   学友のヴィクターや、ジェフリーの描き方は、ほとんど存在感無しでした。

   GOTのジョン役だったキット・ハリントンを目立たせるつもりなのか、ヴェラとの純愛表現が多かったような感じ。

   戦争の悲惨さを描いてはいますが、戦闘シーンは無し。

   実際、戦闘よりも、泥だらけの塹壕にひたすらこもっている時間が長かったようですし、ローランドの死亡は、塹壕の
   手前に張った、針金のフェンスを修理中に、狙い撃ちされたのが原因でしたから。

   野戦病院内の惨状は、細かく描かれていました。



   主役をつとめたアリシアは、今もっとも注目されている女優のひとりじゃないでしょうか。

   『ロイヤル・アフェア』で、デンマークの王妃、『EX マキナ 』でアンドロイド、『コードネームU.N..C..L..E..』でスパイの
   アシスタント(?)と、実に様々な役を演じています。

   タロンが演じたエドワード・ブリテインは、どうも同性愛指向があったようですが、映画のなかでは、目立った表現は
   していませんでした。

   この映画の撮影時期は2014年。 『キングスマン』の撮影は、2013年なので、公開日は、こちらの方が二週間程早い
   ですが、タロンの映画初出演は、『キングスマン』であるのは間違いありません。


   はたしてこれが日本で公開されるのかは、微妙な感じ。

   『キングスマン』で、タロンが注目されれば、公開もありうるかもしれません。 
  
 

   <追記>

   DVDが発売される事となりましたーーー!!(劇場未公開だけど)

   注目の若手俳優が、複数出演の当作品、ぜひ、ぜひ、多くの人に見てもらい、できれば原作の邦訳版も出版して
   いただけるとありがたい。 映画はかなり要約している内容のように感じたので。

      邦題 「戦場からのラブレター」 12月2日発売 Amazon


    こちらが日本版予告編  ↓


    
   

   


  




    

    
   
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。