スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウントン・アビー ~ シーズン5 ~まとめ [Ⅰ]




    ずっと、これをやらねばと思いつつ、いったいどこから書き出せばよいのか、途方に暮れていた。

    S4と違い、始まりのシーンが特に目立っているわけではないので(S4の冒頭、夜中にゴソゴソ旅仕度するあのシーンは
    つかみはOK!って感じだったからw しかしオブライエンは駅までどうやってたどり着けたのか?)
    今だに悩んでいる。

    結局、ストーリーどおり、そのまま書いていこう、と決めました。







    冒頭、自転車に乗って外出するイーディスの姿が。

    ユーツリーファームのドゥリュー宅にいる、マリゴールドと会うために。

        S5のメインは、イーディスの母娘物語かなー、そしてその顛末が、かなり自分勝手で強引だったのが印象的。



     マリゴールドダウントン イーディス&


   
     ダウントンの屋敷では、イーディスを除いた皆が、初の労働党政権について話している。 
    
     といっても、特に悲観的にもならずに冗談も交えながら。

     そこへ、すっかり成長したシビーとジョージがやってくる。

     ロバートの今最大の懸念は、シビーがロバートに向かって” ドンク ”と呼ぶこと。

     あるゲームをやってみせて以来、彼の名前は、ドンク(Donk)になっちゃった。

     ジョージもそれをまねしなきゃいいが・・・と心配している。


     


           壁に貼ってあるシッポのないロバの絵に、目隠ししてシッポをつけるというゲーム(スイカ割りゲームみたい?)
           じゃないかと思う。

           労働党政権誕生については、このあと複数のエピソードに多かれ少なかれ係わってくる。





      大戦で亡くなった、ダウントンの村出身の兵士の為の慰霊碑建設の話が持ち上がり、建設地を伯爵家所有の土地を
      提供するよう村の有志たちが願い出た。

      ロバートは快諾したが、そのあと彼らから別の意外な提案があった。

      地域の代表として、ロバートではなく、カーソンに頼みたいとの事。

      少し驚くが、すぐ冷静にそれはいいと答えるロバート、動揺するカーソン。



      トーマスは、相変わらずバクスターに、脅しをかけている。

      伯爵夫妻の結婚三十四年目の記念ディナーに、トニーが呼ばれ、グリーンの死以来、従者なしの彼の為に
      ベイツが世話をする事となった。
    
      それを聞いたバクスターが、ベイツさんがお世話するとは皮肉ねと、もらしてしまった為、トーマスがいきり立って
      何を知っているんだ、ちゃんと言え、言わないとあの事を奥様にばらすぞと脅迫(さすが The Evil Butler!)
  
            バクスターは、ほんの断片的な情報くらいしか知らないはずなのに、ベイツがグリーン死亡に係わっている
            かもしれないと気づいている。 すごいな(笑)


     動揺するバクスターは、髪染めして若返った(つもり)のモールズリーに、トーマスがチクる前にコーラに正直に
     話しておいた方がいい、とアドヴァイスされ、意を決してコーラに打ち明ける。


     バクスターとトーマスは、昔からの知り合いで、トーマスの姉?とバクスターは友人関係にあった。

     ゆえに、トーマスは彼女が過去に犯した罪で、刑務所に三年いたことも知っていた。

     彼女が犯した罪とは、前にレディズメイドとして働いていた家の奥方の宝石類をゴッソリと盗んだ事。

     そして盗品は、一緒に働いていた従者に全て渡してしまい、その従者はすぐにドロン。

     要するに、美形の従者に惚れてしまい、そいつにそそのかされて窃盗を働いたというわけ。

     これを聞かされたコーラは、ショックを隠しきれなかったが、すぐに雇いどめは宣告せず、しばらく返事は保留する。


     一方、トーマスはそんな事も知らず、コーラに声をかけ、バクスターの秘密を暴露しようとする。

          前シーズンで、彼のチクリ作戦(乳母のウエスト、アンナ、トム)はそれなりの成功をおさめていた為、
          今回も・・・・と期待していたはず


     ところが、コーラの反応はトーマスにとっては予想外なものだった。

     「あなた、彼女を脅していたようね。 彼女については初めから全て知っていたんでしょ、それなのに、私のレディズメイド
     に推薦するなんて、どういうつもりだったの?」

     トーマスは尻尾をまいて、即退散。私はこやつがキライです。

     かえってに自分が職を失いそうになりかねないという事態に陥ってしまう。


     しかし、しかぁーし、またもやある災難が、彼を失職の危機から救出させる。

     イーディスが起こした火事を、いち早く彼が発見し、皆に報せ、猛火の中から、イーディスを救い出すというお手柄
     を成し遂げる。




          なぜトーマスが一番に火事を発見できたのかは次回にまわします。





     
      

    
スポンサーサイト

コメント

マリゴールド

マリゴールドの子役ですが、途中から違う子になっている気がしませんか?ドリュー宅にいた頃(こちらの記事の写真)に比べて、ダウントンに引き取ってからの映像では、少し目が大きくパッチリしているような・・・

>マリゴールド

はじめまして

マリゴールド役の女の子、代わってますね。
他の二人の子供たちは代わってないのに。

それに見た目がかなり違っているので、“この子はマリゴールドなんだ”と自分自身を無理やり納得させて見ていました。

このあたりも、S5が残念な出来と感じた原因の一つでした。

こんにちは。
ご返信ありがとうございます。

やはりそうですよね、髪型が変わったのと子どもの成長期で気のせいかなと葛藤していましたが、同意見をいただけてすっきりしました。
前のマリゴールドのほうが素朴でかわいかったなと思います。。。

イーディス・・・ドリュー宅での最後の行動に理解は出来ますが、せめてドリュー奥さんへの配慮がもう少しあったらと、その点は残念に思いました。
でも、彼女のシーズン2でのクレバーさと、一貫して不器用なキャラクターに、姉妹の中では一番親しみを感じています。
メアリーのイーディスへの態度はあまり好ましく思えませんが、我が道を行く感じは私と似ているので、愛想を振りまかないクールな表情にはいいぞと自分に重ねて共感しています。

それから、ブランソン・・・シビル亡き後の変化に好印象が増していましたので、ダウントンを去ることになったのはさみしく思いますが、以前の記事に書かれていた情報、少し期待しています。

一番好きなのは、コーラです。私にない社交性と暖かい雰囲気に憧れます。自分の意見も時にはっきりと表明するのも素敵だなと思います。
グランサム卿との仲睦まじさ、今までのちょっとしたすれ違いはもういらないので、このまま最後まで安定させてほしいです。

長文すみません。
シーズン5のまとめの続き、楽しみにしています。(^-^)/

No title

rillaさん

マリゴールド、最初の子役の方がかわいいですよね。

イーディスは不運続きでしたけど、S6ではぺラム氏と
結婚するんじゃないでしょうか。今まででいちばん年相応な相手ですし。

トムはやはりS6でも出演するのがわかりましたね。
カーレースのシーンをロケで撮っていたようですが。
レース車の整備士役じゃないかという事です。


S5のまとめ、スムースにすすみそうにはないんですが、
なんとかがんばっていくつもりです。
Secre

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。