スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウントン・アビー ~ シーズン5 ~続




   現在スターチャンネルで絶賛放映中のS4ですが、なかなか起伏に富んだストーリーで、それなりに面白くも
   ありました。が、S5は正直ちょっと・・・・見ているそばから、片っぱしに忘れてしまったり、途中で寝てしまったりで、
   なかなかちゃんとまとめができあがらないつらさがあります。

   要するに、S5はつまらない!!  アーー言うてしもうた・・・・・

   [その理由]
   バクスターが、なぜ嫌々トーマスの言いなりになっているのかのくだりをえんえんと引っ張るし、ベイツとアンナの
   カップルをまたいじめるし、ヴァイオレット宅の使用人、スプラットとデンカーの小競合いは、イザベルとヴァイオレット
   間のそれとは比べるレベルでもないくらい、エキサイトしないし笑えない(婆さま二人がすっかり仲良くなっちゃった
   ので、彼女たちの代りのコメディ・リリーフを担当)

   [初登場の人物たち]
   S5で登場するのは、メイベル・レイン・フォックス(トニーのフィアンセ)アティカス・オルドリッジ(ローズの結婚相手)
   アティカスの父シンダビー卿と母親、ヴァイオレットのレディズメイド、デンカー、CSで登場するヘンリー・タルボット
   (演じるのはマシュー・グード、メアリーの新しいお相手?)
   美術史家のサイモン・ブリッカー(デラ・フランチェスカ像の価値を調べる為、ダウントンにやってきた)
   ロシアの亡命貴族クラーギン(ヴァイオレットと過去にいろいろあったような・・・)等々。
   
   シンダビー卿を演じたジェームズ・フォークナーは、「ブリジット・ジョーンズの日記」でブリジットのおしりを触っていた
   あのセクハラおやじ・・・・って全然イメージ違うよーーーー!!
   
   CSで初登場のヘンリー・タルボットはカー・マニアっぽいので、メアリーにとってはちょっと皮肉。


   マシュー・グード ダウントン


   3/13公開の「イミテーション・ゲーム」で、トム役のアレン・リーチと共演しています。


   ダウントン、アレン&マシュー
           ↑ はダウントン・アビー 5


ゲームアレン&マシューイミテーション
           ↑ はイミテーション・ゲーム

          ネタばれ アレン・リーチは「イミテーション・ゲーム」でも社会主義者で、ソ連のスパイを演ってるw


   
    以上、S5で初登場で、次シーズン続けて登場しそうなのは、ヘンリーとデンカーくらいかな?

    アレン・リーチも出ないのかと思ってたら、どうもハイクレアのロケ現場にいたらしいので、そうでもなさそう。
    (あんなに伯爵が感動的な別れのスピーチして、皆が拍手したのに、もう帰ってくるのん?)

   
    さて、次こそS5のまとめをやるつもりでいます。(いつになるやら・・・・)


   
   
スポンサーサイト

コメント

Secre

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。