スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏切りのサーカス : Tinker Tailor Soldier Spy 感想の感想

 
  

  公開から二週間以上経ち、改めて、この作品を観賞した諸兄の感想を、ザァーッと読んでみました。


                 面白い!


  多くを語っていない、というか、かなり削ぎ落した語り口なので、よけいな妄想が、膨らむようで
  読んでいて楽しくなっちゃう。


  以下、ずらずらと、箇条書き  (所々伏せ文字あり)

   間違った時代設定・・・・1960年代やら、50年代やら、テキトーに書いている 原作が初版されたのが、1974年
    なので、このあたりに照準をおいてもらいたい。
    ちなみにこの頃英国では、炭鉱組合のストライキが激化し、停電や、ゴミ収集ができなくなる等、都市機能に重大な
    影響を与えていた(映画、”マーガレット・サッチャー鉄の女の涙”で、このあたりの描写がチラッと出ていました)

   黒幕は、スマイリー・・・・ラストのカットが、かなり印象が強かったのか、演じたゲイリー・オールドマンの過去の
     ヴィラン度が影響しているのか?意外に、こう推理する人多し。 考えすぎ 

   ラスト、ジムビルを撃ち殺す理由・・・・ソ連に送還されるのが、可哀そうだから(愛情ゆえ)
     ソ連に送還されたら、殺されると思ってんのかな、 んなわけない、モグラは、ソ連にとって大事な広告塔。 
     英雄として、まつりあげて、少しでも多くの西側からの共産主義シンパを、増やそうとします。
     (とはいっても、表面上は英雄でも、監視は24時間されるでしょうけど)
     二重スパイとして利用価値がなくなった、じゃあ抹殺、こんな事してたら、誰もモグラになんか志願しません。

     ではなぜ、ジムは、撃ち殺したのか。
     ジムの協力者が(地下組織者たち)が壊滅させられたから。しかもわが身を救う為に、彼らを売ったというストーリーが
     出来あがっていたのを、スマイリーから初めて聞かされたから。
     映画では、一度だけのやりとりですが、原作では、ジムは何度かスマイリーに「誰も助からなかったのか?」
     と尋ねています。

     そして、ライフルを撃ち終えたあとの、あの涙・・・・これは観た側の推測に委ねられるでしょうね。

   ピーター・グィラム(ギラム)がゲイであったことに、気づいていない人多し。
     ピーターの部屋から、出ていく人物を、彼の兄貴か、単なる共同生活者と思ってるんだよなあ。
     ウェブ上で公開されているシナリオには、これ以前にもうワン・カット二人の場面があるので、すぐピンとくるんですが。

   モグラが誰か簡単にわかりすぎる・・・・そう言いたい気持はわかる。
     でもこれは、我々日本人に向けて作った映画じゃないからね。 ていうか、原作知らない、アレック・ギネスが
     スマイリーを演じたTVドラマなんか、もちろん見た事ない人々に向けた作品じゃないから。
     主に、英国人むけと認識すべき。 だから、筋書きすべて承知。 モグラも誰だかよくわかってます。
     こうなると、モグラを演ったアノ人は、適任だったと思いますが。

   邦題がヒドい・・・・これは、私も最初はそう思った。今でも気に入ってるとはいえないけど、他の国で、原題のまま公開
     しているところは、英語圏以外、あまりないような。 AKA from IMDB
     モグラ(スペイン語でエル・トポとか)が比較的多いような感じ。
     あとになって、気づいたけど、この”ティンカー、・・・”のコード・ネームは劇中あまり出てきませんね、暗号だから当然
     でしょうが。 だから、前知識として覚えたとしても、あまり役立たなかったかも。

   なんでスマイリーはあんな池で泳いでいるの?・・・・同感。 意図がよくわかりません。わかりませんが、脚本担当の
     ピーター・ストロウハンが、ラジオ番組にゲストで招かれた時、この部分にちょっとふれていました。といっても、この
     問いの明確な答えにはなっていませんが。

     その前に、この作品の脚本担当は、最初はピーター・モーガン(クイーン、フロスト/ニクソン)、彼が家庭の都合で
     降りて、次にブリジット・オコナー、そのまた次がブリジットの夫である、ピーター・ストロウハン(彼女は本作撮影の
     一週間前にガンで亡くなりました)と三人のシナリオ・ライターの手を経ています(クレジットでは、もちろんブリジットと
     夫ピーターの共著)

     三人が、どの程度の比重で、これに係わっているのかはさだかではありませんが、どうもブリジットが、一番深いような
     気がします。

     話を戻して、ラジオ番組で、聞き手から、脚本のどのあたりが、ブリジットらしい描写だと思いますか?と聞かれた
     ピーターは、スマイリーのあの池での水泳をまっさきに挙げていました。

     この問いの答えは、天国にいる、ブリジットに聞くしかないかな?
     
     




スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【裏切りのサーカス : Tinker Tailor Soldier Spy 感想の感想】

     公開から二週間以上経ち、改めて、この作品を観賞した諸兄の感想を、ザァーッと読んでみました。                 面白い!  多くを語っていない、というか、かなり削ぎ落した語り口なので、よけいな妄想が、膨らむようで  読んでいて楽し...
プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。