スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最強のふたり」USリメイク版にコリン出演?他作品も

  


  二つの作品の企画にコリン・ファース出演のうわさが。


  ひとつめ

  ”Untouchable”

  オリジナル版トレイラー(邦題:最強のふたり) ↓ 作品情報


  


  こちらの米国版リメイクに、コリンが登場するカモ?
  
  半年くらい前に、フランスの情報サイトで、ウワサされていたものが、米情報サイト”ヴァラエティ” でようやく現われました。

  まだ脚本さえあがっていない段階らしいので、今後の情報に注目。

  監督(及び脚本)は「ブライズメイズ」(4/28公開)のポール・フェィグ ← これも交渉中の段階

  コリンが演る(と思われる)役よりも、相手役のドリスを誰が演るかで、このリメイクが成功するか
  否かが決まりそう。
  オリジナル版の二人のケミストリーは、抜群に見えるし。



  ふたつめ

  雑誌”Newsweek”4/4号に、ハーヴェイ・ワインスタインに関しての記事が。

  タイトル ”H. ワインスタイン完全復活”

  この記事の中に、ハーヴェイが次に手がけるのは、伝説的な編集者、マックスウェル・パーキンズ
  を描く作品だそうで、この役を演じるのが、コリン。
  共演者は、マイケル・ファスベンダー(作家トマス・ウルフ役)
  タイトルは、”Genius”(これは確定されていない)

  マックスウェル・パーキンズは、チャールズ・スクラブナーズ・サンズ社の編集者で、彼が援助した
  作家は、スコット・フィッツジェラルド、ヘミングウェイなど、すごい顔ぶれ。
  とくに、トマス・ウルフとの関係はかなり密だったらしい・・・ん?・・・シングルマンの世界か?


  こちらが、マックスウェル・パーキンズ ↓

  マックスウェル


  そして、トマス・ウルフ ↓

  トマスウルフ


 
  当初、ショーン・ペンがうわさされていましたが、コリンに代わったようです。

  これも、今後の情報待ち。





スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

コメント

Secre

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。