スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

127時間

      

     127 Hours


  
  観ようか観まいか、ものすごく迷った末、なんと公開初日に行きました。



           127時間    公式サイト


  雨が降っていたせいか、劇場はそれほど混んでおらず。



  あらすじはカンタン。アーロン・ラルストンというアマチュアの登山家が
  ユタ州の渓谷で足を滑らせ、一緒に落ちてきたでっかい岩に  
  右手をはさまれ、身動きがとれず、その状態のまま、5日後(127時間)
  ある決断をする、という実話もの。



    これより、ネタばれありのレビューとなります



  う~ん、題材としては、とても目を惹くんだろうけど、映画化するには
  苦労したような気がする。
  結局、主人公の一人芝居がほとんどなので、単調にならないように、回想
  シーンを挿み込んだり、貴重な飲み水の描写を工夫したり、とか。
  でも観客は、あのシーン をどうやって描いたのか、にばかり関心が
  いってしまいそう→少なく共、私はそうでした。


  観賞後、印象に残っているのは、やはり例のシーンと、その後例の岩と
  自分のアレをカメラに収めるシーンや、ちゃんとした足どりで、観光客に
  助けを求めるところ(実際もそうだったんでしょう、すごい精神力、強靭な
  肉体!)

  あとは、あまり残らなかった・・・・・



 


   ↑ 実際のアーロンとジェームス・フランコが演じたシーン


  
  とはいえ、ジェームス・フランコの演技はすごかった。
  とまどい、あせり、絶望、時々ユーモアと、彼の演技の幅を見せてもらいました。
  (フォローになってるかな?)



 Aron+Ralston+127+Hours+BFI+Festival+reYEWgMpfN7l.jpg



 ↑ 左からアーロン・ラルストン、監督、ジェームス・フランコ=BFI上映時=


  


   
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。