スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懺悔王エドワードの椅子

 昨日、ロイヤル・ウェディング生中継を観ました。



royal-wedding-kate-and-william-kiss.jpg


 'The King's Speech’(英国王のスピーチ)が映画化されると
 知るまでは、王室については何も知らず、関心もなかったのに
 この変わりよう・・・。
  
 
 式の最後あたり、御当人二人と立会人が署名を行う為に、奥の
 別室に入るのですが(この部分は非公開)この部屋が、歴代の
 国王が座るとされる、懺悔王エドワードの椅子があるところ。

 つまり、映画「英国王のスピーチ」でライオネルが勝手に座って
 しまい、バーティが怒って言い合いとなり、最後に、


        I have a VOICE!!



 とバーティが怒鳴るシーン、あの椅子があるお部屋なんだぁーと
 ちょっと嬉しくなりました。


 懺悔王エドワードの椅子には、映画の中のせりふでもあるように、
 ”スクーンの石”(←参照)がはめこまれていた歴史があり
 ”スコーン”の名称の由来であるそう。



 ちなみに、映画ではウェストミンスター寺院での撮影許可がおりず
 ”Ely Cathedral”(←参照)イリィ・カテドラル教会で行われたそうです。



   イリィ・カテドラル教会内部 ↓


     208974556_798eb170d4.jpg














スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。