スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「The King's Speech」が映画化されるまでの道程

26日からの米国公開(限定)で、批評家から多くの称賛をあびている

The King's Speech

この映画が製作されるにあたって、一人の脚本家の熱意がありました。

デビッド・サイドラーという人物で、代表作に「タッカー」
(1988年製作)があります。
彼は年のころ70代前半くらい。英国で生れ、のちに
合衆国に移住します。
幼いころ吃音に悩まされ、ある時ラジオでジョージ6世の
スピーチを聞きます。
そして国王も吃音症であったが、それを克服した、と知って
一躍デビッドにとってのヒーローとなりました。

年を経て脚本家として名を遂げた頃、大病を患い、それをきっかけに
自分のライフワークとして、ジョージ6世について書き上げてみようと
決心します。
そして、様々な資料を集め、スピーチセラピストの存在、
ライオネル・ローグ
を知り、彼の子息の元を訪ね、ジョージ6世とローグの繋がりについて
書きたいと願い出ます。
ローグの子息からは、こちらはかまわないが、皇太后(ジョージ6世の妻)
の許可をとってからにしてくれと言われ、デビッドはその旨、皇太后
あてに手紙を出します。

皇太后からの返答は、”どうか私が、この世からいなくなってからに
して下さい。今でも思い出すと大変つらいので”

それが、2002年皇太后が亡くなる28年前の事でした。


+   +   +   +   +   +   +   +   +   



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 映画関連ネタ
ジャンル : 映画

プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。