スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Netflix オリジナルドラマ『ザ・クラウン』 The Crown を見る




    クラウン リリベット


   イヤァ~感服致しました。

   ずーっと待って、待って、ようやく見れて、期待値1000%くらい膨らんでいたのに、それをけっして萎ませることなく
   それ以上の満足度で、全10話を見終えました。

   これは、来年のエミーなど賞レースが楽しみだわ、今後「ゲーム・オブ・スローンズ」にとって変わる、強力な
   アワーズ・コンテンダーになるよう期待値max。

   
                                                            
   
   
   多様な式典、豪奢な衣装や住居は出てきますが、王家という特殊な立場に置かれた家族の物語といえるかな。

   内閣や教会の承認を得なければ許されないことが多いため、女王は、しばしば彼らと軋轢を起こしてしまうが、
   結局は、従わざるえない、
   
   結婚に関してもそう。 これは、女王だけでなく、その近親者にも当てはまる。
   
   だから、女王自身が、首相やら教会の大司教などと、20代の若さで対時しなければならないことが多々出てきます。
   彼女は何度も、家族らの要望と彼ら要人たちの板挟みとなり、苦しい立場に立たされます。

   でも、そんななり立て女王でも、80才の老練首相チャーチルを、ギャフンと言わせることがありました。


   クラウン チャーチル


   首相が、自身を襲った脳卒中の発作について、保守党党首の座を降ろされたくないがゆえに、当初女王に   
   それを打ち明けなかったことを、女王からロジックに叱責される第7話 ”知識は力なり” は必見です。



   クラウン デヴィッド、ウォリス


   リリベット(エリザベス)が、なぜ25才で王冠を被らなくてはならなかったのか、その要因のひとつが、上のふたり。

   デイヴィッド(ウィンザー公)とウォリスです。

   デイヴィッド役は今まで、ガイ・ピアース(英国王のスピーチ)ジェームズ・ダーシー(W/E)チャールズ・エドワーズ
   (バーテイーとエリザベス)と三人見てきましたが、今回のアレックス・ジェニングスが、一番本人に近いイメージ
   でした。(退位のスピーチが本人と一番近かったのはガイ・ピアース)
   オリビエ賞を三回獲っているベテラン俳優ですから、演技だけでなく、見た目の化け具合もすごいわ。

   英国のTVドラマファンなら、彼、アレックス・ジェニングスの姿を何回も見たことがあると思います。
   (映画「クイーン」でのチャールズ王太子役もやってました)
 
   アレックス・ジェニングスがよく演る役は、極悪人ではないが、イヤな奴ってのが多いけど、今回のデイヴィッド
   も、愛がすべてだと言いつつ、金くれ、もっとくれって感じのホントにヤな奴。

   今まで見た中で、最低の部類に入るデイヴィッドでした。

   ただこれは、史実に基づいている部分があって、王位放棄の際、自分が相続した、バルモラル城とサンドリンガム城
   を、今後も使用したければ、買い取れと要求したそうです(王室の資産じゃね?)

   弟の国王は、二つの城の評価額を出してもらい、その同額で戦時国債を買い、年利息1万1千ポンドをデイヴィッドに
   死ぬまで支払うことで決着。 当ドラマに出てきた1万ポンドの話は、これにあたり、実際に一時的に支払いを止め
   られたそうです。

   他にも、プリンス・オブ・ウェールズとして受け取っていたコーンウォール領の地代100万ポンドをこっそりと貯金
   していて、その利息の一部をウォリスに与えていたことも、のちに発覚したそうです。

   元々は仲のよかったデイヴィッドとバーテイーの兄弟二人は、こういった金銭問題で絶縁状態となったようです。



   クラウン エリザベス、バーテイー


   ジャレッド・ハリス演じるバーティー(ジョージ6世)には泣かされました(;д;)

   悪役ばかりではないけど、アクの強い役が多いジャレッド・ハリスが、バーティーとは意外でしたが、これが
   凄くイイ。 こんなに優しくて、繊細で、家族おもいで、たまにイラチで・・・・

   このドラマの撮影スタジオが、「英国王のスピーチ」と同じで、そこになぜかどでかい英国王のスピーチ
   のポスターが貼ってあって、撮影で赴く度、ポスターの中のでっかいコリン・ファースに見つめられて、
   心中穏やかではなかったようです。

   
   主役の二人にも触れなければ・・・・

   クレア・フォイとマット・スミスが、ここまで素晴らしいケミストリーが生じる程、見事な女王夫妻を表現できるとは、
   想像できませんでした。

   このシリーズ、全6シーズンを予定しているそうですが、主なキャストは、2シーズンずつで交代させる予定らしいです。

   ですから、ふたりが共演しているのを見られるのは、次シーズンでおしまい。 

   ちょっと残念な気もしますが、役の年齢にあった俳優を起用する方が、いいでしょうね。




   

   






   
スポンサーサイト

アメリカン・クライム・ストーリー/O.J. シンプソン事件




     


    ようやく始まってくれました、スタチャンで放映決定の報を聞いてから、ホントに待ち焦がれていました。

    そして、初回を見て、期待に違わず、見る者をグイグイとひっぱっていくパワー全開なドラマです。

    もうイイ加減いい年の自分にとってこの事件は、すごく記憶に残るものでした。

    超有名人の妻が殺され、あれまーと思ってたら、警察への出頭命令を拒否して、車で逃走。
    ハイウェイで派手なカーチェイス。

    これで、O.J. が犯人、ハイ決定!

    その後、裁判で、いつのまにか人種問題が論争の的となり、殺害現場に最初に訪れた刑事マーク・ファーマンが
    どこかの集まりでしゃべった、アフリカ系に対する最悪の侮蔑用語まじりの会話のテープが、法廷で流れたりして、
    おかしな方向にいき、最終的に現場に置き去りになっていた証拠品の手袋を、O.J. がはめたところ、かなりきつめ
    であった為、陪審員の心情が、推定無罪に傾いたのでは、と言われていたと記憶しています。

    他にも、証拠品の保全に問題があった為、弁護側にこのあたりを突かれてしまったとも。


    今回のこのドラマは、検察側の様々な事情もくわしく描かれているようで、ますます興味がわいてきます。

    女性検事が、同時期に自身の離婚問題を抱えていて、子供の親権やら何やらで、仕事や私生活に忙殺されていた
    事や、のちに加わるアフリカ系の若手検事が、弁護団のひとり、ジョニー・コクランに傾倒していた事など、裏事情も
    たっぷりありそうです。

    この裁判で、名が知られるようになった、カーダシアン、その娘たちも、わざとらしく(笑)登場していました。
    (クロエいわく、父親がTVに映った時、姉弟みんなでカーダシアン~♪なんて叫んではいないと言ってました)

    あの当時、ロバート・シャピロとジョニー・コクランという、超高額弁護料を徴収するような弁護士達が、共同戦線を
    張れるなー、まるで呉越同舟じゃないかと思ってたら、やっぱり不仲になったようです。


    




    <最終話まで見ての感想>

    第9話が【神回】!!

    ウワオーー、こんなことが起きてたんだーー!

    マーク・ファーマン刑事のテープの中に、とんでもない人の悪口が含まれていたのには驚愕。

    どおりで、4話目に、意図がよくわからない場面があったその謎が解けました。

    これで、判事はますますテープを法廷で流さねば、中立な立場を維持できないと思うようになりました。
    (いちばん懸念されたのは、コクランがあらゆる団体やマスコミを通じて、テープを公けにしないと、また暴動が
    起るぞ、と焚きつけたところにあるのですが)


    最終話にも、大事な場面がありました。

    結審のあと、検察官のクリスとコクラン弁護士の二人きりの会話の中で、クリスが、

    「(この裁判は)あなたの個人的な報復だ。 これをきっかけに変わるわけじゃない、これからも黒人は逮捕され、
    暴力を受け続ける。 ただし金持ちで有名な黒人は別だけど」

    コクランが検事補時代、子供たちを連れて車を運転していた時、不当に警官に止められ、手錠まではめられた
    シーンが、5話目冒頭にありました。


    
    このドラマは、あくまでO.J.シンプソンの裁判とその裏側を描いているのであって、O.J.シンプソンが主役では
    ありません。裁判の過程は、当時TVで生中継されていたし、今でもすべてではないにしても、You Tubeで
    見られます。

    なんの予備知識がなくても、十分にわかるように作られているとは思いますが、検索して調べてみたりすると
    もっと面白さが増してくるのではないかと。


    12/2より、デジタル配信が始まり、来年春には、DVDが発売される予定だそうです(ネトフリでも配信)
    
    http://video.foxjapan.com/tv/acs/ojsimpson/


    絶対、おススメのドラマです!!
    

    

    




    

刑事フォイル




   しばらくぶりでブログを更新。

   いろいろ書かなきゃと思いつつ、とくにダウントン・アビーについては、ホントやらなくてはな・・・・・と、

   何度も書いてはボツにして、今日に至る。

   ダウントンは、S6まで 全て見ました。 レギュラーメンバーは、みんな幸せーーって感じで終わり。

   う~~~ん、これでいいんでしょう、当然な終わり方なんでしょう、でもなーー。

   要するに、見ているこちらにこのドラマに対する熱意がなくなったんでしょうね。
    
   だから、ブログを書く熱意もなくなってしまった。

   そうなると、今まで見過ごしていた、ご都合主義的なストーリーに、ついていけなくなりました。

   
   それから、これがつまらなくなった原因ではないんですが、S5の中盤あたりjから、女性のファッションが大きく
   変化しました。

   特に、メアリーが髪型をボブ・カットに変えてから、ガラリと変わり、まるで別のドラマを見ている様でした。
 
   ファッションなどに特に思い入れはないつもりでしたが、意外にこれの影響も強かったのかも。


   ダウントンがS6で終了したのは、納得でした。



   一方、現在NHK BSで放映されている『刑事フォイル』
   
   3/20でいったん終了となりますが、これは、残念な部類です。

   といっても、私は、AXNミステリーで最終話まで見ているので、NHKの終了ではなく、ドラマ自体が終了してしまった
   事に対する思いです。

   ホントに面白かった、最終話まで。 

   ミステリーの要素と、今まで知らなかった歴史的事実が学べて、満足度は高かったです。


   ここで、NHK BS視聴者に向けて、主要人物が今後どうなるのか、列記してみます。(ネタばれです)

   * アンドリューはあと一回出演して以後は登場なし。 教官として赴任している間にできた恋人とは別れて、
   VEデーに、ヘイスティングに戻ってきます。
   サムに、よりを戻そうよってな感じで、アプローチしますが、サムは笑いながらもお断り。 でもまんざらでもない
   様子でしたが。 
   結局、サムは別の男性と結婚します。

   * ミルナーの最初の妻は、『生物兵器』の次のEPである『クリスマスの足音』で、突然帰ってきます。
    そして、ミルナーに、夫婦関係を修復したいと、さかんに申し出ますが、彼は、幼馴染のイーディスとの再婚を
    望んでおり、彼女に対して離婚を迫り、互いに口論となります。
    その後、妻は殺されて、ミルナーが第一容疑者となってしまい、ピーンチ!となってしまいます(後に疑いは晴れます)

   * 『クリスマスの足音』の次のEP『戦争の犠牲者』で、フォイルはいったん辞表を出し、警察をやめます。
    原因は、二つの事件の容疑者をつきとめたのにもかかわらず、正当な裁きも受けないまま釈放、あるいは
    野放しのままとなったから。 両方とも戦時中である事と関係があります。
    ひとつは、実際は計画殺人なのに、正当防衛が認められてしまい、他方は、中立国スペインの外交官だったから。
    この回が、おそらく最初に予定された最終話だったと思います。 NHKもここまで放映すればキリがよかったのに。
    ちなみに、計画殺人で自分の妻に殺された可哀想な夫役は、ダウントン・アビーのモールズリーさんでした
    ミルナーは、この後数話出たあと、出演しなくなります。 昇格してブライトン署に転任となった事と、フォイルがMI5入り
    となった為。 単にストーリーの都合なのか、別の事情があったのか不明ですが、ちょっと残念でした。
    
    * 警察を辞め、回顧録を作成する等、悠々自適に暮らしていたフォイルでしたが、彼の代りの警視正が銃弾に撃たれて
     死亡し、警視鑑に懇願されて、代りが見つかるまで、ヘイスティング署に復帰します(『疑惑の地図』)
     そして、新しい警視正が赴任し、晴ればれと警察署をあとにし、『50隻の軍艦』で捕まえそこねた、あの米国人に会いに、
     米国に渡ろうとしますが、その前に、ある死刑囚に関する新聞記事に、目を向けます。 
     ウワッ!この人物は、ひょっとしてフォイルの隠し子なのか???ってな感じのお話なのです(『反逆者の沈黙』)

    * 『侵略』でフォイルとすっかり仲良くなった、米軍大尉キーファーは、『警報解除』でふたたび登場します。
     以前とは様子が一変し、何か深い悩みを抱えているよう。 このEPでとりあげていた歴史的事実は、【タイガー演習】
     でした。

    * 『丘の家』に登場した、ヒルダ・ピアースは、フォイルがMI5に入ってからは、レギュラー・メンバーとなります。
     そして最終話『エリーズのために』は、ピアースが戦時中に深くかかわった作戦が、テーマとなります。
     それが【北極作戦】という、実際にあったSOEが大失敗した作戦の事。


    後半、MI5に入ってから、このドラマの持つ雰囲気が大幅に変わったように思えました。

    ヘイスティング時代の戦時中でありながら、牧歌的なムードだったのが、ロンドンに舞台が移ってからは、たえず
    暗く、緊張した空気を感じました。
    
    仲間内であっても、時には騙したり、秘密にしたりと、ずーっと緊張感が続くEPが多かったです
    (MI5だから仕方ないけど)
    個人的には、こういうのも好みなので、楽しめましたが。


    NHK BSの吹替え版も、悪くなかったと思います(フランス語なまり?の日本語には笑えましたが)

    フォイルの吹き替えの人、キッチンさんが時折やる小さなしぐさ(チッと軽く舌を鳴らす)も再現していて、面白かった。


    また、近いうちに後半14話もやって下さいな、NHKさん。


    そして、本国にも、不定期で一本ずつでもいいので、制作してくれるよう期待しています。




キングスマン(映画) 邦盤BD 【ネタばれあり】




   『英国王のスピーチ』に続いて、『キングスマン』も三種(三ヶ国)のBDを揃えちまった。

   でも、まあ、いちばんの目的だった、日本限定の特典映像内の限定インタビューがかなり面白かったので
   買って後悔はしていないけど。

   このインタビュー、コリンとマシュー・ヴォーンだけだったが、時期的に、ネタバレもへったくれもないだろうと
   他では公表されていない話が出てきて、大満足でした。

   
   その一部がこれ ↓ 
   

   面白い部分は、↑ ではなく、ハリーの死についてとか、頭爆発花火についてとか・・・・・

   コリンいわく、ハリーが死ぬことは、あらかじめわかってはいたが、台本を読み進めていたら、エッこんなところで?
   (75ページくらいだったそう)ってあまりに早くてびっくり。 そのあと再登場すると誰もが思うよと語っていました。
   
   撮影に最後まで参加できなかったのは、残念だったけど、ストーリーの意外性としては素晴らしいと思う、とも。

   一方、監督は、例の頭爆発について。

   なんとなく思いついて、頭を爆発させて、そこから花火が出て・・・って提案したら、共同脚本のジェーン・ゴールドマン
   やら、まわりのスタッフみんな懐疑的だったとか。

   そりゃそうだーーー、話を聞いただけじゃ、物語のバランスが崩れかねないと心配するよ。

   荒唐無稽なアクション映画であっても、ファンタジーものとはちょっと違う。
  
   並みの人間はそう考えるもんです。 でもそうじゃないのが、彼の非凡たる所以。 しかもあてている音楽が、
   英国第二の国歌。

   みんなを驚かせる、魅了させる、そういった発想を、どうやって身につけたのかぜひ知りたいです。

   
   

   

Netflix 『殺人者への道』 Making a Murderer を見た




     
 
       Making a Murderer 第一話  ↑ 

    
    1985年、婦女暴行罪で20数年の留置となり、2003年、DNA鑑定により、冤罪であったとして釈放された二年後
    今度は、殺人等の罪に問われる事となった、数奇な運命に弄ばれた男やその家族についてのドキュメンタリー。


    全10話(10時間くらいか)という、ものすごく長いドキュメンタリーですが、この事件はそれくらい時間をかけて描かねば
    ならないだろうな、と思わせる程、事情が込み入っています。

    

    要約すると、米国ウィスコンシン州の田舎町で、家業の車解体業を生業としていたスティーブン・エヴェリーは、1985年、
    23才の時、レイプ犯として捕まります。 そして、何ら物証もないまま有罪となります。

    家族の働きかけにより、イノセント・プロジェクトの協力を得て、DNA鑑定で、新たな容疑者(累犯性犯罪者でした)が
    浮かび、スティーブンは釈放。 それまでに18年かかりました。

    二年後、保安官局や検察を相手取って、3600万ドルの賠償金を求める訴えを起こそうとした直後、一人の女性が
    スティーブン宅を訪問したあと、行方不明となります。 彼女はモーターマガジンのカメラマンで、スティーブンの妹の
    車の写真を撮る約束をしていました。

    行方不明の女性、テレサの家族や友人などが、まず彼女のRV車を探す為、一帯を捜索し、スティーブンの親兄妹や
    スティーブン本人が住む、広大なジャンク・ヤードの片隅で、そのRV車を発見します。

    そして、敷地内で、焼かれてバラバラの骨だけとなった、テレサが発見されます。

    スティーブンが寝泊まりしていた小屋も調べられ、証拠品も発見されます。

    こうなってしまうと、スティーブンが疑われてしまうのは、当然ではないかと思われますが、事はそう簡単では
    なかったのです。

    地元保安官局との確執、前事件での不可解な捜査、検察の対応もおかしい。そして、高額な賠償金請求の問題。
    まるでスティーブン本人が云う様に、俺を有罪にさせたくてたまらない連中なんだ、の発言が無視できない、そんな
    気分になります。

    エピソード5あたりに、今度は、スティーブンの甥、ブレンダンが共同正犯として突然逮捕される様子が映ります。

    彼の従妹の証言で、ブレンダンが、スティーブンの小屋へ行くのを目撃した事、これ以後、ブレンダンは、落ち込んで
    いる様子で、体重が20キロぐらい減ってしまっていたなどと証言し(のちの裁判で、これは嘘だったと証言)ブレンダン
    を取り調べたところ、犯行を自供したため、逮捕となったわけです。

    ブレンダンは、16才で、体格は大き目。 しかし、IQ が60~70で、小学校中学年くらいの知能程度です。

    取り調べの様子の一部が公開されていましたが、あきらかに、捜査員側が有利な証言を得ようとしているのが
    見てとれます。(しかも弁護士や後見人の同席なしでの取り調べ)

           この光景、ウェスト・メンフィス3 事件を描いた『デビルズ・ノット』のジェシーが思い出されました。
           ジェシーも IQ が低く、取り調べに耐えられなくなり、自白に至りました。

    ブレンダンの最初の公選弁護人もひどい。 就任するなり記者会見で、司法取引をほのめかします。

    司法取引をするという事は、まず有罪であると認めなければならない。

    彼の犯行を示す物的証拠は、何ひとつ見つかっていないのに。


    この後、二人の裁判が別々に行われます。

    そしてその結果は・・・・・・

    この後、両裁判の検事を務めた人物の、セクハラ疑惑が明るみに出たりとか、いろいろ話題に事欠かない
    ここまで、現実に起った事件で、尾を引くのも珍しい、事実は小説より奇なり、というより、小説よりはるかに
    はるかに凌駕する現実を見せつけられました。


    見ていて楽しい気分になれる作品ではないですが、ぜひネトフリで一見を。

    
プロフィール

tara 0131

Author:tara 0131
ウン十年勤めた会社を辞め、大好きな
コリン・ファースネタを追っかけている
毎日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。